Blog of A Nippon Girl

米国移住とビザ&グリーンカード申請記録のためのブログ。PCでの閲覧を推奨します。

【アメリカ結婚式】誓いの言葉に戸惑う私!!!!!

ここまでアメリカでの結婚について話してきました。

婚姻届の提出という入籍の手続きとは違い、アメリカでは結婚式を挙げることが必須となります。

式場を決め、招待状を書き、ウエディングドレスとタキシードを着る結婚式もあれば、ビーチウエディング、役所や裁判所にて誓いの言葉を交わすシンプルな結婚式など、カップルによって挙式スタイルもそれぞれだと思います。

その結婚式の肝となる部分が、この「誓いの言葉」です。

英語では"wedding vows"と呼ばれます。K-1ビザの面接も宣誓から始まったり、アメリカの文化では大事な場面になるといろいろ誓わされることが多いです。

 

義理妹「誓いの言葉は用意してる?」

えっと、誓いの言葉って立会人の復唱するんじゃないの?って聞き返しちゃいましたが、実はカップルそれぞれオリジナルの誓いの言葉を準備するのが一般的です。

私たちは立会人に任せると義妹に伝えると「えー!!!じゃあ将来改めて大きな挙式する時はちゃんと誓いの言葉考えてよね!!」と念を押されました。笑

最近は日本でも人前式が人気だったりで、自分たちの言葉で誓いを立てるカップルが増えてると感じます。

アメリカの私たちの周りは、どんな挙式スタイルであろうとみんなそれぞれの誓いの言葉を用意するなんて当たり前じゃない〜!といった認識です。

https://3.bp.blogspot.com/-HGsTs6Qwn0w/WFpIDtp6LOI/AAAAAAABAlw/DUh8em_SR_8tnxRQQgSzICgollwn7U30gCLcB/s400/ring_couple_wedding.png

誓いの言葉の前に

私たちは大きな結婚式ではなく、役所でCivil Weddingという小さなセレモニーを行いました。式の進行は神父や牧師ではなく、役所のコミッショナーの方です。

まず、誓いの言葉に入る前に、進行役によるはじめの挨拶があります。そして、一人づつ、この人を妻/夫とすることを誓いますか?という問いかけがあります。ふたりとも同じ質問にイエスと答えると、誓いの言葉に入ります。

 

誓いの言葉アンド指輪の誓い

誓いの言葉は正直長かったのと、笑いを堪えるのが大変でした。

英語の授業の「リピートアフターミー!」に近いものがあります。進行役がちょこちょこ区切って読み上げる誓いの言葉を繰り返していきます。

 

誓いの言葉は伝統的なタイプの文章で、昔の言い回しなんて馴染みのない私が1回聞いて理解できるはずもなく、それとなーく聞こえたように適当に真似してました。

進行役の方も私が適当に取り繕ってるのに気づき、先行した夫はほぼ一文ずつ繰り返していたのに対し、私の番は途中から1ワード1ワードで区切りだしました。

気を使わせてしまった上、読み上げるのにだいぶ時間がかかってしまい、それでも意味不明の単語たちを適当に真似し、しかも夫は完全にそれに気づき、ふたりで向き合っていたので笑いが止まらなくて、今でも思い出しては笑いが出てきます。

http://3.bp.blogspot.com/-bNgmg_yF19Y/UWgWmWUAYxI/AAAAAAAAQG4/yovoc4tPjWY/s400/wedding_ring_koukan.png

最後に進行役が終わりの言葉を述べ、正式に夫婦として認められます。

この終わりの言葉に入った瞬間ほっっっとしました!心の中では「誓いの言葉に解放された〜〜!」という気分です。笑

式で交わした誓いの言葉が書いてある紙をもらいましたが、ああ、こんなことを言ってたのねって笑いました。

 

こんな感じなので、自分たちで誓いの言葉を用意して練習するのも悪くないと思います。将来、日本の家族や友人も招いてセレモニーを開く時は、日本語で誓いの言葉をいうのもいいなぁなんて考えています。

 

 

:3

【マリッジライセンス取得】米国ではマリッジにライセンスが必要でした。

アメリカで結婚する際に必要な手続き、マリッジライセンスの取得について、私たちが体験したことを元にまとめました!

http://4.bp.blogspot.com/-3GzA726aX_c/Uvy585bwMfI/AAAAAAAAds0/hgXjLQGZ694/s400/wedding_propose.png

マリッジライセンスとは?

アメリカでは、結婚前に「マリッジライセンス」と呼ばれる結婚許可証の発行が義務付けられています。ライセンスと言ってもテストや実技をするわけではなく、婚姻の手続き(結婚式)を行う前に事前登録を済ませ、County Clerkといった役場にて発行・取得します。

戸籍制度がないアメリカでは、個人の婚姻状況を簡単に確認できないため、ライセンスを発行することで結婚できる状況=独身であるということを証明する、といった感じです。日本だと入籍前に戸籍謄本を取り寄せるのと似てますね。

発行後のライセンスには有効期限があり、その期限内に結婚式を行ってはじめて正式な結婚が認められます。期限はだいたい60〜90日間といったとろでしょうか。

ちなみに、間違われやすいマリッジサーティフィケイトは、結婚が成立した後に発行される婚姻の証明書のことです。夫はいまだにライセンスとサーティフィケイトを混同します。

 

私たちは2017年12月に、カリフォルニア州リバーサイドでパブリックマリッジライセンスを取得しました。

州や郡によってもいろいろ異なってくると思うので、ライセンス取得の際はご利用される行政機関にお問い合わせください☺︎ 

 

Public vs Confidential

カリフォルニア州のマリッジライセンスは、パブリックとコンフィデンシャルの2種類から選べます。どちらも有効期限は90日間でした。

Public Marriage License

結婚式の際に証人の立会いが必要です。またカリフォルニア州内であればライセンス発行と結婚式を別のエリアで行うことが可能です。

一度ライセンスが発行されると文字通り公共の記録として扱われます。そのため本人や家族はもちろん、友人や雇い主など誰でもライセンスの情報にアクセスでき、セールス電話やなりすまし詐欺などに悪用されるリスクも考えられます。

Confidential Marriage License

コンフィデンシャルは機密という意味で、結婚式に証人を立てません。またライセンス発行と結婚式は同じ郡で行わなければなりません。情報は記録されますが、ライセンスへのアクセス権はカップルのみに与えられます。家族や職場に結婚を知られたくない場合や、著名人の結婚など、プライバシーに配慮が必要な場合に適しています。

http://1.bp.blogspot.com/-HFRLga-GEo0/VA7mIBr-8ZI/AAAAAAAAmLQ/wNnd5XdfeOA/s180-c/wedding_konin_todoke.png

オンラインでの情報登録

ライセンスを発行するにあたり、事前にオンラインでの情報登録を行います。

パブリックの場合、さらに Public / Non-Clergy / Declared の3つの種類から1つ選択しました。

Public:神父など聖職者に挙式を進行してもらう場合。

Non-Clergy:非聖職者という意味で、裁判官や役所のコミッショナーによる結婚式の場合。

Declared:1年以上前に結婚したがその婚姻の記録が存在しない場合、と説明があります。おそらく事実婚の場合や、何らかの理由で婚姻の記録が無くなってしまった場合の稀なケースだと思います。

私たちは Civil Wedding/Civil Marriage といって、結婚式と言うより役場での結婚の宣誓式といったスタイルなので Non-Clergy を選択しました。

結婚の予定日や、式を執り行う役(神父、裁判官など)を選択し、結婚する者の個人情報、結婚を機に名前を変える場合は新しい名前、また親の旧姓を含めた名前などを入力します。

http://2.bp.blogspot.com/-HX3Sr8sKuFU/Udy6k52hmzI/AAAAAAAAWI0/j2jPpI3mcc8/s180-c/computer_couple.png

全て入力を完了し、送信すると受付番号がでてきました。

後日、この受付番号をもとに手数料の支払いと結婚式の予約を直接カウンティクラークにて行いました。

 

費用

マリッジライセンスの発行には手数料がかかります。地域にもよりますが、だいたい100ドル程度です。リバーサイドでは、現金支払いでパブリックが90ドル、コンフィデンシャルが100ドルでした。クレジット使用はさらに手数料が発生します。(怒)

 

ライセンスの受け取り

結婚式を役所ではなく式場などにて行う場合、事前にライセンスを受け取りに行き、挙式に持参する形になると思います。シビルマリッジの場合は、ライセンスの発行と式を同日にできるところが多いのではないでしょうか。

発行したライセンスの受け取りは、結婚する両者2人揃ってなければなりません。また受け取りの際は、写真付きIDと必要に応じて過去の婚姻解消の証明を持参します。

受け取りの際にライセンスに誤りがないか役所の方と確認します。私たちは情報登録の際に1箇所間違いがあり、その場で訂正してもらいました。(汗)

  

ライセンスの発行が済めば、あとは待ちに待った結婚式です!!

みなさん結婚式が素晴らしいものになりますように、心からお祈りしております!❤︎

https://1.bp.blogspot.com/-dYtGbDcBPA4/V_4ckpyTbXI/AAAAAAAA-0s/bGVPm_-RFRwTijC1ySZXrm8GbvXpHSIrQCLcB/s450/wedding_ohimesama_dakko.png

 

<3

【実録&体験談】アメリカでの結婚/入籍のながれをザックリとお伝えします。

大変ご無沙汰しております。

こちらアメリカでは一大イベントのクリスマスや年末のドタバタに飲み込まれるように時間が過ぎてしまい、気づけば2018年です。

今年も一年どうぞよろしくお願いします☺︎

 実はクリスマス前、こちらの家族と画面越しの私の両親に見守られ無事に入籍を済ませることができました。1ヶ月ほどたちましたが、まだあまり実感が伴わないです。笑

 ということで、アメリカでの入籍について経験したことを書きたいと思います。

 

日本とアメリカでの婚姻手続きの違い

ご存知のとおり、日本では婚姻届を提出することで婚姻自体は完了しますよね。結婚式はあくまでもセレモニーなので、結婚式をするかしないかはそれぞれのカップルの自由です。

なので昔々に両親に、結婚記念日は入籍した日なのか、結婚式を挙げた日なのか尋ねた記憶があります。

http://1.bp.blogspot.com/--WsmIlb4U9I/VjbTdHJkvUI/AAAAAAAA0RI/z8Ye9iymGy0/s180-c/couple_konintodoke.png

 一方で、アメリカでは戸籍制度がないので入籍という概念はなく、結婚式を挙げて初めて結婚したということになります。

まず、未婚であることを証明してくれるマリッジライセンスと呼ばれる許可証を役所で発行します。

そしてライセンスの有効期限内に小さくても構わないので結婚式を挙げなければなりません。

一般的に、大きい挙式でも役所で行う結婚式でも、誓いの言葉を交わし、それが終わると役所や教会の権限のある人が「この人たちは結婚しました!」という紙にサインをします。

最後に証人を立てる場合は証人がサインをし、そこで初めて婚姻が成立します。

結婚記念日は、そのサインがなされた日、つまり結婚式の日とするカップルが多いと思います。

ちなみに日本で婚姻届の提出に手数料はなく、かかっても戸籍謄本の手数料くらいですが、アメリカでの婚姻手続きの手数料は少なくとも100ドルちょっとはかかると思います。 

http://4.bp.blogspot.com/-vPMHikeLppc/UWgWl9By1VI/AAAAAAAAQGs/P4UcjmTdic4/s400/wedding_ring.png

私たちは南カリフォルニアの彼が育った街のお役所で小さな結婚式を挙げました。

マリッジライセンスの情報登録を事前にオンラインで済ませると、ライセンスの発行と結婚式は同日可能とのことでした。

が、結局ライセンスの支払いと日取りの予約は直接のみということで、現地に在住の義妹にお願いしました。

特に宗教にこだわりがないので、役所にて役所の方に式を進行してもらうCivil Marriage(民事結婚?)というスタイルです。

 

シビルウェディング当日

当日、予約していた時間に一通り書類のチェックを終え、セレモニーは中庭で行うとのことで外に出ました。

数分して担当してくれていた女性が出てきたのですが、卒業式のときに着るあのガウンと角帽に着替えていて、なんとなく一気に緊張感が。笑

式自体は誓いの言葉を交わすだけなのですが、誓いの言葉が長い!

進行の女性が少しずつ区切って誓いの言葉を言うので、それをひたすら繰り返していくような感じです。それを新郎と新婦どちらも終えると、次は指輪の交換の言葉を同じように一人づつ復唱します。ちなみに指輪の交換をしない式も可能です。そして最後に夫婦として誓いのキスをかわし、式は終了しました。

 FaceTime越しに実家の両親と愛犬も参加できたのがとても嬉しかったです。テクノロジーに感謝!普段私も彼も注目されるのが苦手なので緊張さえしましたが、家族に祝福され終始嬉し涙ボロボロでした。

 

個人的な感想も交えましたが、私たちの場合こんな感じで1時間半程度で婚姻が完了しました。

 

費用

婚姻の手続きにかかった手数料は200ドル程です。

・パブリックマリッジライセンス 90ドル

・Civil Ceremony (役場での結婚式) 75ドル

・その他クレジットカード支払いの手数料など

 

アメリカに入国してから90日以内に入籍しなければいけないタイムリミットがあったのと経済的に余裕もなく、取り急ぎとても小さい式でしたが、そんなことはどうでもよくなってしまうくらい素敵で心温まる時間を夫婦家族として共有できたことがとても嬉しく、そして改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

いずれ余裕ができたら、家族友人みんな招いてドレスアップしてセレモニーを開くのが私たち夫婦の夢です☺︎

 

詳しいステップはこちら↓↓

mitsuwa.hatenablog.com

 

 

:)

ソーシャルセキュリティナンバー申請方法【K-1ビザ】

フィアンセビザでアメリカ入国してから入籍予定まで時間があるので、先にソーシャルセキュリティナンバー(SSN)を申請してきました。


申請は地域のソーシャルセキュリティオフィスで行います。K-1ビザ保持者のためのSSN申請についてVisa Journeyのガイドを参考にしました。

 

 

申請にかかる時間

入国時の渡航情報がSSNのシステム上に反映されるまで約2週間ほどかかります。そのため渡米直後にSSNオフィスへ出向いても入国情報が見つからず申請できないので、入国後2週間後くらいに申請したほうが確実です。申請してからSSNカードが自宅へ届くまでさらに2週間かかるのでSSNが手元に届くまで最短で1ヶ月程度といったところでしょう。

 

必要書類

SS-5申請書

SS-5と呼ばれる専用のアプリケーションフォームで、こちらからダウンロード可能です。使用される際は念のためフォームの使用期限を確認してください。残念ながら日本語バージョンはありませんが、名前や誕生日など記入事項はシンプルです。わからないところが1箇所あったのですが、空欄にして申請時に窓口で確認してから記入できました。

I-94米国出入国記録

I-94と呼ばれる入国時の情報をオンラインで呼び出してプリントしたものです。

I-94ウェブサイトで"Get Most Recent I-94"を選択し、パスポート情報を入力するとアメリカ入国時の記録が出てくるのでそれを印刷すればオッケーです。申請時に確認してそのまま返してくれます。

戸籍抄/謄本とその英訳

これもK-1ビザを申請された方なら手元にある方が多いと思います。こちらもSSN申請時に返却されました。

パスポート

K-1ビザが貼ってあるページをチェックされます。

SSN申請権のあるステイタスリスト(RM 10211.530)

この記載ページを印刷したものです。実際申請には必要ないです。ですがオフィスの担当によっては、フィアンセビザ保持者にSSNを申請する権利があるということを知らず「あなたはまだ申請できないからGC取得後にまた来てねー」と間違って追い返されることもありますよ、ということでVisa Journeyでは持っていくことをおすすめしてます。私は念のため持っていきましたが幸い使う機会はありませんでした。

 

SSNオフィスで聞かれること

窓口では簡単な面接があります。私の印象ではビザ面接よりも断然カジュアルだったように感じます。

質問は『これまでSSNを申請したことがあるか?』『アメリカで就労経験があるか?』『これが初めての渡米か?以前の渡米で一番最近のものはいつか?』の3点でした。

 

費用

無料です!素晴らしい。

 

これで申請は完了です。あとは2週間以内にSSNカードが自宅に郵送されるまで待つだけです。ラッキーなことに待ち時間は20分程度で、担当してくれた女性もとっても親切な方でした。アメリカの政府機関は待たされるし対応が悪いと悪評高いですが、素敵な職員さんに出会えて彼と二人で感動さえしました。

ベンチュラオフィスは予約は必要なかったですが、念のため予約の有無は確認されることをおすすめします。

https://3.bp.blogspot.com/-tplVMxqfpvU/WCqsL0u4xZI/AAAAAAAA_3w/DjM49lVGZM0OxJAP9Xa_odPo6VTv8xQgQCLcB/s400/usa_social_security_number.png 

私の場合はまだ就労許可を申請してないためSSNが届いても働くことはできませんが、これで口座開設や入籍後の手続きがスムーズになるので安心です。

 

入籍やグリーンカード申請まで時間がある方はソーシャルセキュリティの手続きを先に済まされるのも大アリだと思います☺︎

 

: )

渡米後から入籍までの期間にできる手続き【ソーシャルセキュリティ申請】

10月末にフィアンセビザ(K-1)で渡米し、入籍までたっぷり時間があるのですが手続きらしいことはすべて入籍後にしようと思ってました。

が、アメリカに来て2週間ほど過ぎた頃、同じくフィアンセビザを取得してこっちで入籍したアメリカとインドネシアの友人夫婦にとっても有益なアドバイスをもらいました。

 

「入籍まで時間があるなら先にSSNを申請したほうがいいよ!」

SSNと呼ばれているのは「ソーシャルセキュリティナンバー」のことです。年金制度のことで、アメリカ人やアメリカで働いている人はみんなソーシャルセキュリティ番号のカードを持っています。そして年金関連だけでなく、日本でいうマイナンバーのように銀行口開設や家を借りる時、保険加入時などいろんな手続きにこのSSNが必要となります。

https://3.bp.blogspot.com/-tplVMxqfpvU/WCqsL0u4xZI/AAAAAAAA_3w/DjM49lVGZM0OxJAP9Xa_odPo6VTv8xQgQCLcB/s400/usa_social_security_number.png 

アメリカ入国後すぐに入籍してグリーンカードを申請される方は、その後にSSN申請されると思いますが、私たちのように入国してから入籍まで1ヶ月以上時間がある場合は先にSSNカードをゲットしたほうが後々のGCプロセスなどもスムーズになります。入籍後に苗字が変わってもSSNカードの名前の変更は可能です。

 

ただし、SSNのシステムに渡航情報が反映されるまでに2週間ほどかかるため、渡米直後にソーシャルセキュリティオフィスに出向いても申請ができません。なので入国してから2週間ほどで申請ができるようになります。

また申請してから自宅にSSNカードが届くまでさらに2週間ほどかかるので、実際にSSNが手元に届くまで約1ヶ月と踏まえていいと思います。

 

すでに渡米して1ヶ月程たってますが、まだ入籍の予定まで時間があるので、昨日SSNの申請をしてきました!2週間後にはSSNカードが届く予定です。もうちょっと早く申請しておけばよかった〜と思いましたが、それでも入籍前に済ませられたのでよかったです。それもこれも教えてくれた友人のおかげです☺︎

 

詳しい申請方法はつぎの記事をご覧ください♩

 

:D

【フィアンセビザ】ざっとタイムラインにしてみました。

アメリカフィアンセビザ/婚約者ビザ(K-1)の申請から取得を時系列に沿ってまとめてみたいと思います。

 

 http://1.bp.blogspot.com/-3UlFgnIe5qM/U2LukKMpb9I/AAAAAAAAfsk/Zeyx6RwvWbo/s180-c/time_machine.png

 

2017年

3/11 I-129FもろもろUSCISへ郵送

3/18 USCISからI-129F受理メール

4/14 USCISサイトにてケースステータス受理

----- NOA1が届かなかったためUSCISへ再送依頼

4/24 NOA1到着

6/25 NOA2到着

7/10 大使館からインストラクション到着

----- 8月中に渡航診断と警察証明発行など済ませました。

9/10 ビザ面接

9/14 ビザ&パスポート到着

10/28 渡米

 

今年はじめにビザの準備を始め、3月に申請を始めてから6ヶ月後にビザを受け取ることができました。予想していたよりも早く取得できたと思います。

面接予約の時点で8月中旬の面接日も選択肢にあったのですが、準備が追いつかず、長めに時間をとって9月の面接日を予約しました。6月から一ヶ月海外にいて何も準備ができなかったので、もしもその間も日本で急ピッチで準備ができてれば実際半年もしないうちにビザを手にできてたのかなと思います。

 

悪戦苦闘したI-129F作成については関連記事をまとめました。

 

みなさんのビザ申請がうまくいきますように!

 

:D

【フィアンセビザ】渡航診断レビュー

米国ビザ取得のための健康診断は大使館が指定した医療機関でしか受けることができず、私が申請したときは東京/神戸/沖縄のどこかでした。どこで受診するか選んで直接クリニックへ問い合わせ予約します。九州在住だったのでそこのところ不便でした。

 

 

神戸のクリニックへ

8月だったので交通費はお盆プライスだし、しまいには台風まで散々でした、、

面接は東京で予約してましたが、診断結果が郵送されるまで1週間ほどかかるので面接とはまた別でビザ検診の日程を組む必要がありました。

結局神戸のクリニックを予約したのですが、まさかの台風。フライトを変更し、クリニック窓口の方が柔軟に対応してくださったおかげで数日ずらして受診することができました。

 

持って行ったもの

  • パスポート
  • 証明写真×4
  • ケースナンバー記載の書類
  • 問診票(DS-2054)
  • 母子手帳
  • 現金

参考までに、私が当日持参したものです。各々クリニックのウェブサイトで持ち物が記載されているので、これから準備される方はそちらを参照ください。

まさか母子手帳がこんなところで必要となるとは、、、ちゃんと記録&保管してくれてた母は偉大。

 

当日

駅前のホテルのなかにあるクリニックなので、病院の入り口というよりホテルの一室の入り口に近いです。受付がないので、入るまえに廊下のインターフォンでアポイントメントで伺ったむねを伝えました。中に入ると普通にオフィスで不思議な感じでした。

問診等をすませ、ついにビザ検診都市伝説的な全裸チェックか、、と身構えましたが、下着つけたままタオルで覆われた状態で、タトゥーチェックも質問のみでした。

ドクターは寡黙な感じの男性で、お話してみると気さくにいろいろ答えてくださってとてもいい先生です。

それから精密検査は別の場所で行われるため、ホテルをでて目の前の人間ドック施設まで歩いて行きました。建物自体は目の前なんですが道が複雑でちょっと歩きづらかったです。尿検査と採血、X線の順で検査をおえ再度クリニックに戻ります。

http://4.bp.blogspot.com/-UAisQnXwMe8/UOJ4BDo7TmI/AAAAAAAAKLA/LymV17pLXiw/s180-c/kenkoushindan_saiketsu.png

ワクチン接種

クリニックに戻ったら恐怖の注射です。

母子手帳によると水疱瘡の予防接種を一回しかしてなくて、妹が水疱瘡になった記憶はあるんですが私はなってないと母に言われたのをドクターに伝えると、水疱瘡は感染率が高いので家族がかかってたらほとんどの確率で子供の私もなってるはずだと言われて接種するか悩みましたが、かかった記憶もないし、もし抗体がなければ結局アメリカで打たないといけないので念のために打つことにしました。

結局Tdap(破傷風ジフテリア/百日咳)、MMR(麻疹/風疹/おたふく)、水疱瘡のワクチン三本を打つことになりました。

全部痛かったですが水疱瘡のがのが一番重かった気がします。打った後痛みが1週間ほどとれなかったのはMMRでした。

 

費用

診察料 ¥29000

MMR ¥13000

水疱瘡 ¥7500

Tdap ¥10000

送料 ¥510

計 ¥60010

http://3.bp.blogspot.com/-LzRwHmPkwFE/U8XkfOcHErI/AAAAAAAAixg/KMrkkVYwNWg/s180-c/money_fly_yen.png 

お財布と腕が痛かったです。

結果はお盆休みがあったので10日後くらいに届きました。

なによりも、大嫌いな注射を3本と採血でを一気に受けたので、日帰りで新幹線で帰ってすぐ家で休みました。大きな山を一つ乗り越えた気分だったのを今でもはっきり覚えています。

 

 

 

ここまでくれば、ビザは目の前です!

:-D