Blog of A Nippon Girl

渡米準備とビザ申請記録のためのブログ

フィアンセビザ申請の流れ

K-1ビザ(フィアンセビザ)取得への流れについてこれまで調べたこと。

 

実際に自分がやってみて、違ったことがあったり変わったことがあるかもしれないので、ビザが下りたら実際のわたしたちのケースをタイムラインにしてまとめたいと思います。(何ヶ月先のことになるのやら…)

 

 

まず、K-1ビザ申請にあたって条件があります。

  • どっちかが米国籍者
  • どっちも結婚できる状況=独身か離婚が完全に成立してる
  • これまでにお互いが直接会っている
  • ビザとって渡米したら期間内に結婚する予定

これがクリアしてればオッケーです。そこまでハードルが高いものじゃなく安心しました。

 

流れとしては、ステップ1とステップ2に分けれられます。

 

ステップ1

  • USCISに請願書を郵送する

簡単に言うと、米国籍者がUSCIS(米移民局)に「私のパートナーを婚約者としてアメリカに入国させたいんでお願いします」っていうドキュメントの提出です。これは在日大使館ではなく、シカゴだったかな?ダラスのUSCISに直接郵送します。

 

必要書類

  1. カバーレター(目次的な紙)
  2. I-129F 請願書
  3. G-325A "Biographic Information" ×2人分
  4. パスポート写真 ×2人分
  5. ふたりの交際の証拠
  6. Fiancé Letter of Intent(結婚の誓約書)×2人分
  7. 日本人の戸籍謄本の原本と英訳
  8. アメリカ人のBirth Certificate(出生証明書)またはパスポート全ページのコピー
  9. 申請費 $340 $535(小切手)
  10. G-1145 (書類到着のメールを希望する場合のみ)

この申請も時間がかかるみたいで、しかも個人差もあるため提出後はオンラインで審査状況の確認ができます。

 

見た目の威圧感に負けそうになりますが、USCISのサイトにインストラクションやググれば記入方法や記入例がたくさんでてくるので書き方の参考になると思います。

 

ステップ2

  • K-1ビザ申請

 I-129Fが受理されたら、I-797請願許可書が米国籍者か弁護士のところに送られます。

請願書の有効期限は4ヶ月です。期限内にK-1ビザを申請します。K-1ビザは申請は東京の米国大使館か那覇の領事館のみです。大使館からビザ申請のインストラクションが郵送されるので、それからはインストラクションに基づいて書類の準備などを行います。

 

  • DS-160オンライン請願書

DS-160と呼ばれるオンラインでのビザ申請フォームを作成し申請します。

Nonimmigrant Visa - Instructions Page

パスポート、証明写真のデジタルデータが必要になります。日本語対応してますが回答は全て英語で記入です。

 

大使館が可愛い動画あげてるので、作成するときは参考にしようと思います。

youtu.be

 

  • プロフィール登録

大使館のページでプロフィール登録します。ここで面接の予約はまだしないみたいです。

 

  • 必要書類の準備
  1. 6ヶ月以上有効期限のあるパスポート
  2. 証明写真
  3. 戸籍謄本
  4. 警察証明
  5. 健康診断書
  6. 婚約関係の証明
  7. 申請費用$265を日本円で

 

ざっとこんな感じでしょうか。あとは場合によっては「以前の結婚関係が解消した証明」や「扶養証明」、「裁判/拘置証明」など必要になります。

 

めんどくさそうなのが警察証明と健康診断と婚約関係の証明です。

警察証明は警視庁に行ってもらわないといけないみたいです。あと過去に半年以上住んでたアメリカ以外の国全ての警察証明が必要です。私はアメリカに留学してたので内心ガッツポーズ

健康診断はお金がかかります、、一番ネックなのは注射です。世の先輩方のブログを拝見する限り、「5万円近く払ううえにt-dapっていう超痛い筋肉注射をされる」ということがわかりました。。

しかも近所のクリニックで〜ってわけにもいきません。米国大使館が指定してくる東京の2院か沖縄か神戸です。関東から引っ越さないうちにこの辺全てやっておきたいです。。

最後に一番面倒 そうなのは婚約関係の証明です。二人が本当に付き合ってるのか証明って感じでしょうか。ふたりのメッセージのやり取りとか写真とか、文面でイチャイチャしてるのをプリントして他人に見せるのは恥ずかしいので嫌ですが、これも耐えるしかありませんね。あとは友達や家族から「本当にふたりはラブラブなんですよ〜」ってお手紙書いてもらって提出 ってのも有効みたいです。

正直いつ付き合い始めたかもあんまり覚えてない私たちにとって一番めんどくさいかも、、、

 

  • 面接予約

ここまで書類そろえたら、あとは面接です。

オンラインで面接の予約をとって、申請費用を支払います。

面接とか就活かよって感じです。まあ私はアメリカに就職します!と言ってるようなもんですよね、、

面接ではふたりの馴れ初めとか初めてのデートとか聞かれるみたいです。「あれこれ偽装結婚くさい??」と疑われると質問はとても複雑になるっぽいです。

 

面接受けて問題なかったら数週間後にビザ貼ってあるパスポート送られてきて無事取得〜〜!といったところでしょうか。

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ざっとしたタイムラインにするつもりが結構踏み込んじゃいました。

 

書類の多さと専門性の高い複雑な作業が多いので、弁護士を依頼するカップルも多いです。弁護士含めると全部で2〜30万ぐらいでしょうか。

アメリカ人と結婚するのってこんなお金が湯水のように流れていくんですね、ほんとにお財布が銀行口座が泣いています、、、

もし私たちが学生同士だったら正直とっても厳しかっただろうなと思います。愛はあるんです!だけどお国柄なのか、結婚となるとお金も手続きも半端なくてアラサー2人あっぷあっぷです。

 

わたしたちはまだステップ1の段階です。今週中にはI-129Fが提出できればって感じです。

 

まだまだ分からないこと未経験のことがほとんどなので、これからどうなるかこまめに記録していきたいと思います。

 

いろんな方が見守ってくれてるのがとっても支えになってます。

これからもそれを励みにがんばります!

 

 

 

※2/25更新:ステップ1について見落としてた部分があるので追加。

詳しくはこちらの記事を御覧ください↓↓

mitsuwa.hatenablog.com

 

 

 

:D