Blog of A Nippon Girl

Blog of A Nippon Girl

米国移住とビザ&グリーンカード申請記録のためのブログ。ビザ関連記事はPCでの閲覧を推奨します。

【2018年GC申請】I-131の書き方

I-131とは、AOS申請中にアメリカ国外に渡航する場合に、AOSの申請状況を保持したままアメリカに再入国する許可を申請するものです。この場合、Advance Paroleと呼ばれ、APと略されます。

フォームは現在最新の2018年12月31日迄有効のものを使用しました。

USCISのインストラクションとVisa Journey、オンラインでのリサーチを参考にややこしい部分だけ抜粋していきます。

あくまでも私たちがどのように記入したかの記録なので、これが正しいかどうかはまだわかりません。申請に進展があった時点でまたアップデートする予定です。 

http://2.bp.blogspot.com/-6p4dg-fB8m0/UgsrwYuf4iI/AAAAAAAAXKA/WnsMbvN04nc/s400/travel_passport.png

 

Part 2. Application Type 

  • 1.a. 私は永住権/2年グリーンカードの保持者で、アメリカへの再入国許可を申請します。
  • 1.b. 私は難民/亡命の在留資格保持者で、難民渡航文書を申請します。
  • 1.c. 私は難民/亡命認定の結果としての永住権保持者で、難民渡航文書を申請します。
  • 1.d. 私は一時的な渡航からアメリカへ戻ってくる際に、アメリカ再入国を許可するAdvance Parole (AP: 再入国許可証) を申請します。
  • 1.e. 私はアメリカ国外からAPを申請します。
  • 1.f. 私はAPをアメリカ国外にいる者のために申請します。

 

 K-1ビザからAOS申請と同時にI-131を提出する場合は1.d.の再入国許可書の申請を選択します。

2.a.以降は1.f.を選択した場合のみなので、この場合は"N/A"とします。

 

Part 3. Precessing Information

1-2. Date of Intended Depurture & Expected Length of Trip 

未定の場合は"UNKNOWN"でも構いません。

 

Part 4. Information About Your Proposed Travel

2ページ目の一番下に「DACA(不法移民の子供の入国)関係のAP申請でない場合はPart 6まで飛ばしてください」とあるので、N/Aで大丈夫です。

Part 5とPart 6も同じく飛ばします。

 

Part 7. Complete Only If Applying for Advance Parole

質問1の前に、「AP申請の場合、別紙にて渡航の必要性とAP発行の妥当性について説明してください」とありますが、AOSと同時申請の場合は必要ありません。

 

1. How many trips do you intend to use the document?

渡航予定はいくつありますか?という質問ですが、"One Trip"と答えてしまうと、場合によっては1回分のみ有効のAPカードが発行されることがあるので、ここは特に予定がなくても念のために"More than one trip"を選んだほうがいいと多くの移民サイトで勧められてました。

 

必要書類とエビデンス

  • パスポートのバイオグラフィックページのカラーコピー
  • パスポートK-1ビザページとアメリカ入国時スタンプのコピー
  • I-465の申請後にI-131を郵送する場合はAOSの受理通達のコピー(I-465と同時申請の場合は必要ないです)
  • 2"x2"のパスポート写真2枚(裏に氏名とA-Numberを鉛筆またはフェルトペンで記入)

インストラクションにはないですが私は念のためI-94のコピーも添付しました。

 

 

英語ですがこのサイトがとても参考になりました!

ややこしい部分もありますが、他の申請書に比べると入力する情報量が少なめなところは有難いです。笑

 

 

:D