Blog of A Nippon Girl

Blog of A Nippon Girl

米国移住とビザ&グリーンカード申請記録のためのブログ。ビザ関連はPC閲覧を推奨します。

我が家の仮住まい事情、早く引っ越したい!

カリフォルニアの家賃が高すぎる話をしましたが、そんな事情で特に若者はよくルームメイトを見つけて同居、家賃折半していることが多いです。

ルームメイトは友達だったり、友達の知り合いだったり、彼氏彼女だったり、赤の他人だったり様々です。

 

私と夫もアパート(と言っても一軒家サイズ)に、20代前半のカップルと、彼らの飼い犬のハスキー2匹と同居しています。

アメリカではおなじみのクレッグズリストという、日本でいうジモティーのような地域掲示板サイトで見つけた物件です。

同居カップルとはバスルームとキッチン、リビングルームを共有しています。

彼らとの関係は最初はよかったのですが、今は少しめんどくさい感じです。二人とも絶望的に片付けと食器洗い、掃除ができないのと、ハスキーたちの抜け毛がすごいです。

 

それでも夫の実家からも少し離れ、新天地での生活を始めるにあたって、ベンチュラで生まれ育った若い二人とこうして知り合えたことは心強い部分もあります。特に夫も同居人もサーフィンをするので、ローカルサーファーと一緒にサーフィンにいけるのはラッキーだったみたいです☺︎

なにより家賃の出費が抑えられるのは、いろいろとお金のかかる転換期の私たちにとっては一番重要です。

http://2.bp.blogspot.com/-ynTJXx2ioYA/VnE4Jke3keI/AAAAAAAA19c/nwiXY_Y7R60/s400/share_house.png

 

そして、私が渡米して落ち着いたら引っ越ししてルームシェア卒業するのがゴールだったのと、半年間のリース契約が来月で終了することもあって、今は家探しに励んでます。

 

引っ越し先の絶対条件は治安が悪くないことです。

欲を言えば、間取りはできれば寝室とリビングが分かれてて欲しいです。というのも夫はほとんど在宅ワークなので家は広いほうがいいですが、そこはお財布と相談です。笑

最近は物件に申請するだけで、申請料と言って1人約25ドル取られます。もし2ついい物件をチェックメイトしたとして、審査に通らなくて契約が決まらなかったとしても二人で100ドルです。お金と運が必要です。

どうか引っ越しの女神が微笑んでくれていい物件に巡り会えそして審査通りますように!!!!

http://4.bp.blogspot.com/-D66Lwne8rnY/VEOdzjyIk2I/AAAAAAAAokw/RRVOOi_qUi4/s450/ginnoono_kinnoono.png

:)