Blog of A Nippon Girl

Blog of A Nippon Girl

米国移住とビザ&グリーンカード申請記録のためのブログ。ビザ関連記事はPCでの閲覧を推奨します。

引っ越し先、決まる!!!!

 今月末から来月始めに引っ越しを見据え、クレッグズリストの物件情報をチェックする毎日を過ごしていましたが、ついに引っ越し先が決まりました!!感涙

 家賃高騰事情もさることながら、昨年末に発生した山火事、トーマスファイヤーの被害で家を失った方が多く、賃貸市場は品薄状態。私たちの家探しも難航していました。

 

日本でのアパート探しは、不動産屋さんに引っ越し先の条件を伝えて物件を見繕ってもらいますが、アメリカではネットで物件を見つけて連絡をとり、内見後に申請というパターンが主流だと思います。

地元の有力な不動産屋さんは2社ほどありましたが、個人で管理されてる物件もそれなりに多く、やっぱりこれら全て網羅して掲載してあるインターネットの方が情報量は多いです。

 

詐欺か?!申請書を提出したけど音沙汰なし、、、

家探し中にこんな出来事も。

ある物件をとても気に入り、借主に連絡すると、近所の車屋さんで働いてるから直接来てくれということで会いに行きました。普通のおじさんでした。立地と家賃がとても良く、申請料はいらないとのことだったので、コンペティティブな背景もあり、内見前でしたがその場で申請することに。

申請書を書いて渡し、おじさんの仕事が6時半に終わるので、そのあとに内見をしようという流れになり一旦帰宅。

6時になり、住所をまだ知らない私たちはとりあえず物件のあるエリアを探索。その後6時半になっても7時になってもおじさんから連絡なし。諦めて家に帰りました。

次の日も、その次の日も結局おじさんから連絡はなく、こちらからの電話にも出ませんでした。「ああ、結局他に借り手がついたのか」とばかり思ってましたが、よくよく考えてみると申請書には夫の個人情報を惜しみなく記入しているため、もしかして詐欺??ととても不安に。

幸いカードの利用状況などに不審な動きはなく、連絡がないのもおそらくおじさんの怠慢かと思われます。

こうやってみると、不動産オーナーを装って申請書を記入させ、個人情報を悪用する詐欺なんて簡単に誰でもできてしまいます。改めて警戒心を忘れないよういい勉強になりました。

 

肝心な引っ越し先について

ダウンタウンのはずれのアパートです。

中心街とビーチの近くなのでロケーションは抜群、サーファー夫のテンションが上がる立地です。

そして倉庫つきということで、部屋とは別に敷地内にストレージルームがついてきます。生活スペースを侵食しがちなサーフボードの収納にぴったりです。

日当たりが良く、朝日は寝室に、日中はリビングの窓から日が差す感じです。

内装は古めですが清潔で、特にキッチンは70年代の空気を感じます。備え付けの冷蔵庫なんて、もう亡き祖父のオフィスにあったものを彷彿とさせるレトロっぷり。

 第一印象はこんな感じです。

http://img.photobucket.com/albums/v698/galexiegirl/vintage%20history/1970sBook_3_zps9b3bc060.jpg

キッチンの壁がこんな感じのダークな木目調なので、家具や小物をややサイケにまとめてもいい感じだね〜と夢が広がります。

 

実はこの物件、広告がネットに投稿された日にすぐアポをとり内覧し、即決でした。

オーナーさん曰く、広告掲載3日にして100人以上から連絡があり、一人で電話対応に追われたそうです。もはや壮大な椅子取りゲーム。

正直こんなお家に巡り会えただけでもラッキーなのに、無事に契約まですすむことができ今回はとっても運が良かったと感じます。神様仏様ご先祖様に感謝!

決して広々とした家ではないですが、やっと自分たちだけのスペースで生活できるって考えただけでも最高です!

あとはどうか引っ越しがスムーズにいきますように!笑

https://4.bp.blogspot.com/-brqkrQ7s7IA/VxC3SdJ169I/AAAAAAAA52M/Li1_oKQFQqEKcZtRugGBj1Ul89WfIUOEACLcB/s500/keiyaku_contract.png

 

:)