Blog of A Nippon Girl

Blog of A Nippon Girl

米国移住とビザ&グリーンカード申請記録のためのブログ。ビザ関連記事はPCでの閲覧を推奨します。

【国際結婚】婚約者ビザなしで米国で結婚&移住するリスクを考える

アメリカに行って結婚し、そのままグリーンカードを取得する場合、渡米する前にフィアンセビザを取得することが義務付けられてます。やっぱりどうしてもビザの取得にはお金と時間がかかります。

しかし、これまでフィアンセビザを取らず、観光目的としてアメリカへ行って結婚し、グリーンカードをゲットしてきた方も実際たくさんいるようです。

これは政府が定める正規の方法ではないので、それなりのリスクが伴います。

このビザなし結婚&グリーンカード申請を行う際、「30・60日ルール」というものがありました。去年、そのルールに変更があったので、それについて書いていきたいと思います。

                      https://1.bp.blogspot.com/-jLPHDDdP30k/WGnPMy90jKI/AAAAAAABA08/1HNIbDjYgbomosI5N1aq9nCv_tWENcAxACLcB/s400/book_law.png

これまでの「30・60日ルール」とは?

Visa Journeyや移民法関連のサイトでは"30/60 day rule"としてよく議論されています。

観光ビザから学生ビザに変更するときや、フィアンセビザ保持者がグリーンカード申請するときなど、"Adjustment of Status"と呼ばれる「滞在資格の変更」を行います。(以下AOSとします。)

フィアンセビザを取得せず、旅行者や学生としてアメリカに入国し、そのままアメリカで結婚し、グリーンカードのためにAOS申請をする場合、その申請のタイミングが重要視されていました。

それが「30・60日ルール」と呼ばれるものです。

要は「AOS申請がアメリカ入国後30日以内に行われた場合、それを許可しません。入国後30〜60日の間だったらAOS申請を受け付けますよ」というものでした。

 

このルールに沿ったタイミングでAOS申請をすれば、

・アメリカに来るときには結婚の意思がなかったこと

・今アメリカにいるうちに結婚をしなければならない理由

を物的証拠とともにロジカルに説明し、イミグレーションを説得することができれば、フィアンセビザを取らずにアメリカに来ても、結婚後グリーンカード取得ができたケースもあったみたいです。(もちろんそれでもフィアンセビザを取得してないので却下されることもあったようですが。)

 

そして2017年9月に、この「30・60日ルール」が「90日ルール」に変更されました。

 

新しい「90日ルール」で変わったこと

つまり「入国して90日以内はAOS申請しても滞在資格は変更できなくなりました」ということです。

90日間待って91日目にAOSすればいい?とも取れますが、ESTAの有効期限は3ヶ月でしょうし、普通の旅行者が90日以降にAOSをするとなると確実にオーバーステイです。不法滞在歴がついてしまうし、アンラッキーだと強制送還のリスクもあります。

この意図は、旅行者がアメリカ人と結婚してそのまま住み着くのを防ぐためだと思います。そして結婚してグリーンカードを申請する予定があってアメリカに来るのなら、それ用のビザを取って来てくださいね、と。

(たぶん3ヶ月以上の長期間滞在を認められた学生ビザや就労ビザで渡米している場合は、結婚からAOSの流れはツーリストほど厳しくないとは思います。)

 

さらにこの新しいルールは、空港で申告した入国の目的に矛盾する行動をとることに対しても厳しくなりました。

「旅行で来たけど結婚」だけでなく、例えば「学生ビザを取らずにアメリカに来て学校へ通う」という行為も違反例に挙げられています。バレなきゃ大丈夫と言われればそれまでですが、これまでみたいに「夏休みの1ヶ月だけアメリカに行って旅行がてら語学学校にでもいこうかな〜」なんてことがグレーゾーンになりました。

 

この「90日ルール」は、移民局(USCIS)ではなくアメリカ国務省が掲げる規定なので、これが実際にUSCISのポリシーにどのように反映されていくのかはまだ未知数な部分もあるようです。

 

いずれにしろ移民関係は法律や細かいルールがよく変わったりするので、これから手続きをされる方は常に最新情報をチェックすることと、できれば弁護士や専門家へ一度相談されることをお勧めします。

 

個人的に思うこと

60日が90日に延びただけですが、やっぱり政府の方針は"America First"、本音はできるだけ移民を受け付けたくないんだと思います。

ただ、どちらかといえば不法移民や不正に入国されるのを取り締まるのが目的なので、嘘をつかずにルールに従っていれば永住だって帰化だって自由にできます。

 

それぞれの事情や、家族がいたり人権問題も関わるので、不法移民の問題に関しては一概に良いとか悪いとか言えることじゃないことはわかっています。

友達にも不法移民2、3世代目とかいるので、本当にこればかりは複雑なトピックだと思います。

ですが私個人としては、お金と時間と労力をかけて今こうやって永住権を申請しているさなかなので、不正に入国や滞在してきた人たちが守られるシステムというのも、なんか納得できない部分もあります。

本当にこればかりは何が正しくて間違ってるのかわからないですが、こんな自分の考えは嫌われ者のトランプ大統領と同じです。笑

  

 参照&参考になる記事


 

:)