Blog of A Nippon Girl

Blog of A Nippon Girl

米国移住とビザ&グリーンカード申請記録のためのブログ。ビザ関連はPC閲覧を推奨します。

タックスシーズン到来!! 源泉徴収票を英訳してみました。

確定申告の季節がやってきました。

タックスリターンと呼ばれ、この辺でなんか行列ができてるな〜と思えばだいたい税務関係のオフィスだったりします。

 

アメリカの会社は年末調整をしてくれないので、サラリーマンも個人で確定申告をします。

自営業やフリーランスの場合、追加で税金が発生しないよう会計士などのプロを利用して節税の作戦を立てますが、サラリーマンやパートタイムだとだいたい払いすぎた税金が返っくることが多いです。

私の周りはみんなサラリーマンやアルバイトなので、タックスリターンの話題になると「今年はいくら戻ってくるかな〜」とウキウキします。

http://2.bp.blogspot.com/-myojBq9jY8Q/VHxqZP8Vl9I/AAAAAAAApXQ/URYAXAAEGa4/s400/zei_kakuteishinkoku.png

 

夫の両親は自営業なので、タックスリターンはプロに頼みます。有難いことに毎年家族の分も一緒に申告の手続きをしてくれるので、今年も早速お父さんに書類一式を送りました。

 

夫は去年まで日本で働いていたので、前職の源泉徴収票(W-2といいます)はもちろん日本語です。これでは会計士さんも処理ができないので英訳します。

 

よくよく源泉徴収票を見てみると、項目の並び方が複雑なうえ、蟻さんが作成したのかというほどの超極小フォント。

フォーマットまで完コピするのは無理なんじゃないかと思いました。

 

幸い金額と最低限の情報がわかればいいとのことだったので、

 ・必要なところだけ英訳

 ・金額を全て米ドルで表記&レートを明記

 ・住所を英語式に書き換える

あとはそれとなく似たような表の形式にまとめました。

 

源泉徴収票 用語の英訳例

 

源泉徴収票:Certificate of Withholding Income Tax on Salary for 20XX

支払を受ける者:Allowance Payee

種別 − 給与・賞与:Classification - Salary/Bonus

支払い金額:Amount Paid

給与所得控除後の金額:Amount after Deductions

所控除の学の合計額:Total Amount of Deductions

源泉徴収税額:Amount of Withholding Tax

控除対象配偶者の有無等:Presence of Spouse for the Deduction

配偶者特別控除の額:Amount of the Special Spouse Deduction

扶養親族の数:Number of Relatives for Deduction

障害者の数:Number of Handicaps 

非居住者である親族の数:Number of Non-resident Relatives

社会保険料等の金額:Amount of Social Insurance Premiums

生命保険料の控除額:Deduction for Life Insurance

地震保険料の控除額:Deduction for Earthquake Insurance

住宅借入金等特別控除の額:Special Deduction for Housing Loan, etc.

外国人:Alien

支払者:Tax Payer / Employer

 

単身世帯だと必要項目はこのくらいでしょうか。

金額の米ドル換算は、その源泉徴収票の年の1年の平均レートで行います。

英訳の最後に、「$1=xxx.xx JPY」と注釈を加えて完了です。

 

英訳自体、申告に必要な書類を作成するためのものなので、会計士さんによってはカジュアルでOKという人もいますが、念のため「翻訳者の名前、日付、サイン」を記入すれば完璧です。

https://3.bp.blogspot.com/-lwfEyK8hFpg/WlGnp-Q2nWI/AAAAAAABJdM/FC2uSs8f9ukLV5GjXKcLApbLmHUQ3Ks-gCLcBGAs/s400/document_gensen_chousyuhyou.png

今年のタックスリターンはもう終わったよ〜!という方が多いと思いますが、何かのお役に立てれば幸いです☺︎

 

 

:D